自分のWordPressサイト・ブログが「安全ではありません」と表示された場合の意味と対処法【SSL化】

ネットビジネス

自分のサイト・ブログ等のアドレスが表示される部分に「このサイトは安全ではありません」と出る方がいると思います。

 

もし出ていればそれはSSL化が完了していないということです。

 

SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上の通信を暗号化する技術です。インターネット上のデータ通信は、第三者によって傍受・改ざんされる危険性があります。 ホームページへSSLを導入すると、訪問者のブラウザとサーバー間のデータ通信が暗号化されます。

  • お手持ちのPCとサーバー間の通信データを暗号化することができる。
  • 第三者からのデータの改ざん、盗難を防ぐことができる。
  • 逆に言うとSSLを使っていないサイトはデータを盗まれる可能性があるため、SSL化されていないサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力するのは控えたほうがいい。

 それではWordPressの場合の自サイトのSSL化の手順を説明します。

ログイン後、Xserverインフォパネルより →「サーバー管理」

XServerトップページ

 

サーバーパネル内の →「SSL設定」

ドメイン名を選んだら →「独自SSLの設定の追加」

30分〜1時間ほど待つと設定が完了になると思います。

完了するとこのような表示になります。

SSLを導入するとサイトのURLがhttpからhttpsに変更されます。

追加されるsはsecure(セキュア、「安全である」の意)の頭文字です。

 

企業ホームページにSSLを導入すると、データ通信が暗号化され、セキュリティ効果が高まるため、訪問者に安心してアクセスしてもらえるようになります。

コメント